221227_01
221227_01
press to zoom

2022.12.27
夏目漱石『一夜』より
朗読劇「御夢の物語」

夏目漱石による実験的短編小説『一夜』をモチーフにした、連句という日本独特の言葉遊びを取り扱う朗読劇。発表された当時「一読して何の事か分らず」と批評された本作品は、漱石自身も『吾輩は猫である』の中にそれにまつわる一節を登場させている。

2020年には福岡市文化・エンターテインメント活動支援金により、『一夜』に登場するお互いを知らないまま語らう3人の男女を、緊急事態宣言で在宅を余儀なくされオンラインで素性を知らない他人と語り合う現代の私たちに変換し表現した映像作品『ひとつ、よる。』を制作した。

【ひとつ、よる。】 https://youtu.be/hbdlksmgxDg

今回は、福岡市の文化の中心を担う大濠公園エリアの日本庭園を舞台に、より原作に忠実な言葉遊びとしての『一夜』を連句的朗読劇として、日本文学・漱石文学から見える景色を色鮮やかに、物語をより立体的に表現する。

【会場】

大濠公園日本庭園 茶会館(福岡)

【日時】

2022年12月27日(木)

17:00開演/16:00開場

【料金】

一般 3,000円

特典付き 4,500円

※学生は1,000円引き

​※別途、入園料が必要です

【出演】

木村佳南子(非・売れ線系ビーナス)

山本由貴

渡邉大(Space_)

【演出】

内田龍太郎(melomys)
 

【撮影・編集】

【主催】

ツカノマレーベル