20180131_01
20180131_01
press to zoom
20180131_02
20180131_02
press to zoom
20180131_03
20180131_03
press to zoom
20180131_04
20180131_04
press to zoom
20180131_05
20180131_05
press to zoom
20180131_06
20180131_06
press to zoom
20180131_07
20180131_07
press to zoom
20180131_08
20180131_08
press to zoom
20180131_09
20180131_09
press to zoom

2018.1.31
夢野久作『月蝕』

夢野久作による短編小説『月蝕』をモチーフにした能と朗読劇の公演。

 

福岡が生んだ奇才・夢野久作。彼は地域に根ざしたさまざまな活動を行い、数多くの作品を残している。今回は日本伝統芸能のひとつである「能」にも造詣が深く、自らも喜多流謡曲教授であった夢野久作を軸とし、誰もが思わず月を見上げてしまう能の演目『羽衣』を舞囃子で、さらに短編小説『月蝕』を朗読劇で展開していく。会場となる住吉神社能楽殿は福岡市指定有形文化財であり、伝統的な様式と洋風の建築技術を一体にした劇場建築で、全国的にも極めて貴重な建物である。

 

今回『月蝕』という作品を扱うにあたり、約3年ぶりに日本で皆既月食を観測することのできる2018年1月31日での開催とした。

 

朗読劇『月蝕』https://youtu.be/Vz43adtBdmk

【出演】

舞囃子『羽衣』

シテ 上野能寛

地謡 東川光夫 東川尚史 田崎甫 木谷哲也

笛  森田徳和

小鼓 飯冨孔明

大鼓 柿原孝則

太鼓 澤田晃良

 

朗読劇『月蝕』

田坂哲郎 富田文子 針生あかり

 

【演出/衣装】中村歩道

【撮影】____mamiya

 

【会場】住吉神社能楽殿(福岡)

 

【主催】ツカノマレーベル

【後援】夢野久作と杉山三代研究会 ラブエフエム国際放送株式会社 株式会社アポロデザイン

【協力】空想工藝舎 東京藝術大学130周年記念(応援プログラム)